自費診療を選んだ理由

自費診療を選んだ理由

保険制度の最大の問題点は、治療を基準に考えられているために、「予防という概念が存在しない」点です。
現在、医療技術がこれだけ進歩し、 むし歯を作らない方法もわかってきているというのに、保険制度下で行われる現行の治療は財源不足などの理由から、何十年も変わらないままであり、患者さんはそれらの治療の恩恵を受けることができません。これでは患者さんが、むし歯や歯周病になるのを待っているようなものです。予防できる方法があるならば、 むし歯になるのを待たずそれを用いるのが医療者の倫理・良心ではないでしょうか。開業して以来、たくさんの地域の患者さんに歯科治療を行ってきました。ただ、患者さんの為に行いたい治療が「保険診療」という壁にぶつかってしまい、どうしても本当に行いたい治療が出来ないという、なんとも歯がゆい思いをしてしまいました。

また、現在では混合診療を厚労省は原則として認めていません。どういう事かといいますと、保険医療機関の認可を受けている医院では保険で行える治療に関しては保険診療で行わなければなりません。ですから、初診は保険を使っているのに歯内療法(根管治療)などの根の治療を自費で行う事や別材料などの一部負担や消毒費用などを別に頂く事は保険医療機関ではできません。子供の治療のみ保険で行う事もできません。もちろん予防処置も保険ではできません。(実際に患者さんに聞かれることがありますので例を上げています。)
当院では、この点を「保険診療機関を辞退する」という方法によって改善し、常に患者様にとって最善の治療・未来への予防対策を行っています。

保険診療と自費診療とは?

保険診療と自費診療の違いについてお話しします。

保険診療とは

むし歯や歯周病などの病気からの機能回復を目的とした治療です。治療のために用いる素材や治療法は厳密に定められており自由度はありません。悪いところを治すための最低限の治療であるため、患者さんの個性や要望に応じた治療を行うことは難しく、画一化された治療法を提供することしかできません。また、保険点数というものが厳しく定められておりその点数が歯科医院の報酬になるため、極論をいえば必要性の低い治療であってもそれを行うことで報酬がえられるという仕組みとなっています。治療中心であるため、予防に対する診療はほとんど行うことができません。それによって治療の繰り返しが生まれ、ご自身の歯を失っていく事になります。

自費診療とは

素材や治療法などを自由に選ぶことができる治療法です。保険診療では制限があり、見た目が良くない治療であっても自費診療であれば、納得のできる素材・方法を用いることができます。患者さんの考えや希望に沿ったオーダーメイドの治療はもちろんのこと、自分の歯を守るための予防にも力を入れることが可能です。お子さんの場合は、早い時期に予防管理処置を受けることで生涯むし歯のない健康的な歯をキープすることも十分可能であり、上手に用いることで享受できるメリットが大きい予防的治療法です。

保険診療・自費診療のちがい

 保険診療自費診療
治療レベル 最小限の治療を行うのみ。予防は重視されない 患者の意向に沿った高度な治療が可能
時間 効率の面で時間をかけられない 十分な時間をかけられる
素材 銀歯や入れ歯等、金属部分が目立ったり、取り外しのための不都合があったりする

セラミックやオールクラウンなど、天然歯と見た目が変わらなく美しい。

適材適所に工夫ができる

歯科医師の方向性 点数により医院経営を行うため、必要かどうかよりも、短い時間で効率的に治療をこなすことを重視しがち。しがって治療レベルはあまり高くない 予防をはじめとする、「むし歯にならない治療」「将来にわたり健やかな歯を目指す治療」が可能。あらゆる素材、あらゆる方法を用いることができるので、最高レベルの治療が可能。
content_tel_sp.png
メールでのお問合わせはこちら 電話番号:0280-91-1180
初めての方へ 予防検診 BLOG デンタルドック あおき矯正歯科オフィシャルサイト 口腔がん検診 2017年 歯医者さんがおすすめする歯科医院に選ばれました